=カルカッシエチュード座談会=
   2022年 8月14日 日曜日

カルカッシのエチュードを現在現役で練習している方たちに集まっていただき、

カルカッシのエチュードについて意見をいろいろ述べていただきました。

時々脱線しながらもとにかくいろんな意見が出てきましたね。

カルカッシの練習曲の理解を深めるということではよかった気がしました。

カルカッシのエチュードというと敬遠されがちですが、

語ることによって興味深いところも出てきますよね。




      
=座談会概要=
カルカッシの練習曲。

どう向き合っていくかということで、
意外と女性の方たちにはさほどの抵抗感がないということ、
なぜかなということで出てきたのがピアノを幼少期習っていて
ピアノというのはバイエルから始まってきっちり道筋が決まっていて、
途中で何か別の気分をさしはさむ余地がないということ。
そういう経験があるとカルカッシの練習曲についても、
こちらが考えるほど特につまらないという感覚はないかな・・・。

 ただ大人になっていろんな情報が入ってくると、
カルカッシのエチュードのメロディーがつまらないと、
感じることはあるかもしれない。
ただ初心者の感覚として、
やはり簡単なところから積み上げて難しい曲に届かせるのかな。
それはピアノを練習してた感覚からするとそう苦痛ではない。
ただ地道な作業になるので飽きというのが最大の敵になりますね。
ギターは大人になってから始めることが多いので、
大曲、名曲の情報が入ってきやすくなり、
カルカッシのような地道な練習というのは苦痛に感じることがあるかも・・・。

 ギターの楽譜を読めるようにトレーニングするにはいいかもしれない。
特にピアノは白鍵と黒鍵が目の前で見えていて、
半音を弾くにはかなり簡単ですが、
ギターは単純にフレットが並んでるだけなので、
半音を上げる下げるというのは若干難しさがある。
ギターの音は規則正しく並んでるわけではないので、
覚えていくのは結構大変さがある。

 特にハイポジションとなると、
ただやみくもにというのは通用しない。
そういう時にも練習曲を繰り返し弾いていると、
徐々に目の前が開けてくるような気がする。
ギターの曲は、譜面に書かれてる音を、
どこのフレットで押さえるかという判別が難しい気がする。
練習曲はいろいろ試せるので、
そういうところはいいですよね。
ハイポジションの練習にもけっこう使えるんですね。

 一番の近道は、メロディーの音と低音をまず押さえていくことです。
ギターの和音というのは、
メロディーと低音からとんでもなく離れるということはなく、
大体低音とメロディーの近くにあります。
それを一から順番に探そうとするとそれはかなり大変。
そういうトレーニングをするのも練習曲は便利ですよね。
簡単なところからのトレーニングには最適ですね。

 練習曲もある程度進んでいくとだんだん難しさが増してきますよね。
そうした時に最初の易しいところに戻って、
姿勢とかチェックするのにいいといことがあります。
曲に難しさが増してくると姿勢も崩れていくので、
そういうちょっとした崩れをチェックするには、
難しい曲でというわけにはいかないので、
カルカッシの初期の曲に戻ってチェックするのは有効ですよね。
けっこう姿勢というのは崩れていても気が付かないで、
さらに崩れてしまうというのはあり得ますよね。

 最初の大部に出てくる音階とか声を出して練習するのも、
結構効果があるのではないか思います。
♯とか♭とかはなかなか慣れない。
これは音階で練習するしかないわけですが、
ただボケッと弾いてるとほぼ意味がないですね。
声を出しながら練習すると♯や♭の練習にはなります。
けっこう一つの蝶には練習曲があるので、
それが終わるまではその調の音階を声を出してゆっくり練習すると、
かなり効果がありますよね。

作曲するのにどうやってコードをつけていくのか、
カルカッシからはちょっと脱線しましたが、
話題になりましたね。
これは一言で言うには難しいtころがあるのですが、
カルカッシには調ごとにコードが載ってますよね。
そのコードの音を使って簡単なメロディーを作ってみることですよね。
難しくすると全く手も足も出なくなってしまうので、
まずカルカッシに出てくる調の和音の音を使って、
メロディーを書いてみることです。
そこから発展させていくことはできるんですよね。
これはだめなんじゃないかとか考えるとなかなかできないですよ。

 まだまだいろいろ出てきたのですが、
いきなり脱線してるところもあるので、
そこは申し訳なくも割愛・・・。




          topへ