=ギターエッセイ=

     ここに連載するエッセイは50年以上前に書かれた、
    著名な音楽評論家によって書かれたエッセイです。
    読み応えのあるエッセイなので、
    何回かに分けて掲載していきます。

(1)(2)(3)
演奏における精妙さとは何か。

これは、そう簡単には答えられないことだろう。

特に、それは、自分自身で楽器を弾いている人、

それも、私共のようなアマチュアとしてではなくて、

その楽器を、自分自身の肉体のように、

使いこなしている人だけが知っているところのもので、

そうした体験なしては、

どんな想像も及ぶことのない世界に違いない。

けれども、私はあえてそうした想像の中のギターを語ってみたい。

そうするほかに方法がないからでもあるが、

わたしたち批評家は、言葉という道具を通して、

やはり精妙な観念の世界を描く、

欲望を持っているのである。

私共が、音楽家たちの仕事を理解するのは、

そうした私共の自身の仕事の経験を通してやるのだ、

といってもよい。

ものを書くというのは、

わたしたちが理解したことを書くのではなくて、

書くということ自体が理解の形式なのである。

演奏家にとって、それは自明のことのはずである。

彼等にとっては、ピアンを弾くことが、

曲を理解する道なのだから・・・・。

しかし、演奏家は、批評家の仕事を理解しない。

その責任は批評家にもあるが、演奏家にもある。

無理解は双方の中にあり、

同時に、理解の道はいつでも自分の内側にある。

私が、演奏という行為の精妙さについて語ることは、

許していただけるだろう。

演奏家に精妙さを要求するのは何だろうか。

それはこういうふうにも考えられる。

つまり、私達にとって一番精妙な道具は、

私たち自身の肉体であり、楽器の精妙さとは、

私達の肉体の精妙さの影であると。

これは、それ自体、きわめて正しい言い方に違いないだろう。

そしてその意味で、

音楽家に許された一番精妙な道具は、肉声である。

私共は、日との声を聴いて、

美しい声だとかしゃがれた声であるとか言うばかりではなくて、

いやらしい声であるとか気取った声であるとかいう。

私共が聞き取っているのはおそらくもっとはるかに多くの、

そして微妙な点に及んでおり、

声楽家は、そのような他者の精妙な批判を前にして、

音楽という完結した作品を作らなければならない。=つづく=


              topへ